国内ドラマ

ドラマ【DCU〜手錠を持ったダイバー〜】感想・あらすじ・キャスト|水は嘘をつかない|まるで映画のような迫力映像

ドラマ『DCU〜手錠を持ったダイバー〜』の紹介です。

前半は基本情報とあらすじ、後半は実際に見た感想を書いています。

DCUが“水”にまつわる事件に遭遇して人の命と尊さを厳粛に扱う一方で、個性豊かなメンバーちの人間ドラマを中心に描きながら、さまざまな難事件に立ち向かい、「水中」にある謎や事件をスピード感と爽快感をもって解明していく。新たなジャンル“ウォーターミステリー”!

公式サイト

全9話。1~3話は拡大版。さらに最終回は90分の大作です!

見逃しはParaviで配信中です!

ハリウッド大手制作会社との共同制作ってことで、どんなドラマになるのかとわくわくしていました。海に潜って捜査する1~3話は必見です。そして最終回は海外ドラマのようにハラハラドキドキできました。

ドラマ『DCU〜手錠を持ったダイバー〜』の基本情報

ドラマ『DCU〜手錠を持ったダイバー〜』は2022年01月から03月までTBS系で放送されたドラマです。

ドラマ『DCU〜手錠を持ったダイバー〜』
【放送日】2022年01月16日(月)21:00〜
【脚本】青柳 祐美子、小谷 暢亮、谷口 純一郎、小澤 俊介
【原作】なし
【演出】田中 健太、青山 貴洋、宮崎 陽平
【公式情報】公式TwitterInstagramWikipedia

あらすじ

2022年、海上保安庁に「潜水特殊捜査隊」、通称「DCU」が発足した。DCU設立の目的は、島国日本において海や河川で発生する事件の解決や、水際からやってくるテロなどからの防衛。いわば水際捜査に特化したエキスパート集団だ。隊長となったのは、50歳を迎えた新名正義(阿部寛)。メンバーには海保のエリート・西野斗真(高橋光臣)、女性初の潜水士となった成合隆子(中村アン)らがいた。そして過去に水難事件で新名に命を救われた瀬能陽生(横浜流星)の姿も。DCUは海上・水中だけではなく陸上の捜査権限も与えられることになったのだが、そのことが警察関係者との間に溝を生んでいた。

そんなDCUが発足と同時に捜査に向かったのは、群馬県のダム湖。数日前に上陸した大型台風によりダム湖内の水流が変わり、ある人物の頭骸骨の破片が発見されたのだ。警察には手が出せない水深100メートルというダム湖の水底を新名たちが潜水捜査すると、そこには思いもよらない景色が広がっていた。

容疑者として名前が挙がったのは、建設会社の社長で社長就任以前はダム事業を担当していた小山内正一(中村芝翫)、その秘書でどこか陰のある若林朱里(高梨臨)、会社の金を使い込んだことが発覚し、ロシア出張時に失踪して現在も行方不明の野田浩正(宮野真守)。ダム建設に関わっていた疑惑の3人、そして隠された事実とは…。

公式サイト

予告動画

ドラマ『DCU〜手錠を持ったダイバー〜』の登場人物とキャスト

以下、ドラマ『DCU〜手錠を持ったダイバー〜』の登場人物とキャストのまとめです。
※俳優さんの名前クリックでウィキペディアへ。

DCU新名班メンバー

新名 正義阿部 寛
ルールを無視してでも必ず真実を突き詰めるまで諦めない男。「海を汚されること」と「真実が解明されないこと」は許せない性格で、周囲の価値観には左右されない。

瀬能 陽生横浜流星
若手隊員。ダイバーとしての能力が高く、DCUの中でも群を抜く存在。幼いころ海難事故に巻き込まれて両親を亡くし、自身は新名に助けられた過去をもつ。

成合 淳 吉川晃司
新名の元相棒であり、親友。隆子の兄。15年前に起きた爆破事故で殉職したと思われていたが、生きていたことが判明。

成合 隆子中村アン
中堅隊員。淳の妹。努力に努力を重ねて海上保安庁初の女性潜水士になった苦労人。純粋かつ前向きな性格で、チームに落ち込んでいる人がいれば元気づけてくれる存在。

西野 斗真高橋光臣
副隊長。過酷な「特殊救難隊」で隊長を務めたエリート。新名に隊長の座を奪われ衝突する。

森田 七雄岡崎体育
中堅隊員。お調子者で、冗談を言って場を和ませるDCUのムードメーカー。水中ドローンなどメカの捜査にも長けている何でもできる男。

大友 裕也(有輝 土佐兄弟
中堅隊員。元特殊救難隊員。歴代の特救隊員の中でも救助現場に立ち会った数の最多記録をもつ。同じく特救隊だった西野に憧れている。

【DCUに関わる人々】

黒江 真子市川実日子
椎名の婚約者。白黒つけないと気が済まないサバサバした性格。

佐久間 雄二佃 典彦
警備救難情報課の出身で、新人時代の新名を育て上げた直属の上司。新名が最も信頼する人物

神田 瑠璃趣里
サイバー班。DCUの発足によりサイバー班に異動。サイバー能力は他の追随を許さないほど圧倒的。

早川 守春風亭昇太
次長。海保ナンバー2のエリート上官

清水 健治山崎育三郎
警視庁公安一課の刑事。

ドラマ『DCU〜手錠を持ったダイバー〜』のあらすじ(各話)

ドラマ『DCU〜手錠を持ったダイバー〜』の各話あらすじです。クリックすると文章が読めます。

みらい

このあとはネタバレがあります。作品の内容に触れるので知りたくない方はスルーしてね!

ドラマ『DCU〜手錠を持ったダイバー〜』の感想

過去事件が大きなカギ

15年前の事件から始まります。まだ小さかった瀬能 (横浜流星)は、父親に船の上から海へ放り投げられます。そのあとに船が爆発。海の中で新名(阿部 寛)成合(吉川晃司)を助けようとしましたが、手を離されてしまいました。成合は亡くなったと思われていました。

DCUの発足

現在。瀬能 (横浜流星)がDCUに配属になり新名の部下になります。

DCUとは、水に関するさまざまな犯罪や事件、事故の捜査を行う部署です。ちなみにDCUは現実には存在しません。

第1話〜3話の壮大なスケールの映像は見ごたえありでした。

AIを使いながら海を捜査。とてもカッコいい映像でした。海に潜るシーンなんてどうやって撮影したの?というくらい深いとこまで潜って捜査する映像が見れます。

しかも『DCU』は1月放送開始。見てるだけで寒い!なのに台風で激しい防風雨や、荒れる海に出て潜って捜査するという過酷さ。横殴りの雨が降ってるんですよ。迫力満点の映像です。

あと、音楽もよかった。まるで映画のようでした。ぜひ大画面で視聴したいドラマですね。

第3話までは必見!

第3話、大きな事件が起こります。これには衝撃でしたね。まだ第3話なのにこの展開。外国ドラマとの共同制作だからここまでできたのかなと思いました。息を呑む展開とはこのことかと。第3話までは拡大放送でした。まだ見たことない方はぜひイッキ見してくださいね。

第4話からもドキドキの展開は続きます。第7話の感想ツイート↓

最終回カッコよすぎた

最終回も見応えありです。第4話からは陸での事件が多くなります。その中で少しずつ過去の事件の真相が明らかになっていきます。そして最終回に黒幕がわかります。ずっと目が離せない展開でドキドキでした。

最終回はこんな興奮ツイートしてました↓

ドラマ『DCU〜手錠を持ったダイバー〜』のBlu-rayが発売

ドラマ『DCU〜手錠を持ったダイバー〜』のBlu-rayが発売されます。

発売日:2022年07月15日(金)

Amazon限定で「ロゴネックストラップ付」が発売されます。

ドラマ『DCU〜手錠を持ったダイバー〜』は海外映画のような迫力あり!

今回はドラマ『DCU〜手錠を持ったダイバー〜』の紹介でした。

映画を見てるよな迫力でした。最終回に真相がわかります。これから続編がありそうな終わりかたで、今後が楽しみです。

  • 海外ドラマのようなハラハラドキドキ
  • 大きな海と大自然の迫力ある映像
  • 過去の事件の黒幕はだれ?
  • 新名隊長がかっこ良い

見逃しはParaviで配信中です!

おもしろかったドラマぜひ共有しましょう!

では、また次の作品で!

ドラマ『DCU〜手錠を持ったダイバー〜』と同時期(2022年1月)に放送されたドラマはこちら↓

2022winter
【2022年冬ドラマ】1月スタート!新ドラマ 36作品 の一覧まとめ

2022年の冬ドラマの一覧表です。1月期スタートの新ドラマ36作品を曜日別にまとめました。 作品の紹介出演者原作公式情報 こんな人のお役に立てる記事です。 もくじ1 【2022年冬ドラマ】1月スタート ...

続きを見る

 

このドラマをもっと楽しもう!

\インタビューブック/

\Blu-rayはこちら/

\サントラはこちら/

Sponsored Links

  • この記事を書いた人

みらい

ドラマや映画を目と耳と心で見る人。子供のころからドラマと映画が大好き。心が動かされる作品と出会うべく日々鑑賞しています。VODの契約は7本。地上波では毎クール20本以上のドラマを視聴。放送中のドラマ記事は翌日更新です。 Twitterではドラマのネタバレ感想を発信中。 気軽に遊びにきてね!

-国内ドラマ