国内ドラマ

ドラマ【シジュウカラ】感想・あらすじ・キャスト|山口紗弥加×板垣李光人|美しい年の差ラブストーリー|40歳からの生き方

みらい

こんにちは、みらいです。子どものころからドラマ好きです。

このブログでは実際に見ておもしろかった作品を書いています。

今回はドラマ『シジュウカラ』の紹介です。

不倫なのに18歳差の純愛!?
40歳、人生の節目から始まるキャリアと恋。
偏見と固定概念を越えていく、新たな年の差ラブストーリーが誕生!

公式サイト

前半は基本情報とあらすじ、後半は実際に見た感想をご紹介します。

1話あたり30分全12話。6時間でたっぷり楽しめます!

見逃しはParaviで配信中です!

山口紗弥加さん主演のドラマがはじまるってことで楽しみにしてました。そしてお相手が板垣李光人さんなので「ぜったいみる」と、放送前からわくわくでした。

歳の差18歳の、いわゆる不倫ものです。しかし、40歳の女性の主人公の生き方にフォーカスが当たっているので「不倫ものは苦手…」という方も見やすいかと。

ドラマ『シジュウカラ』の基本情報

ドラマ『シジュウカラ』は2022年01月から03月までテレビ東京系で放送されたドラマです。

ドラマ『シジュウカラ』
【放送日】2022年01月07日(金)〜
【脚本】開真理
【監督】大九明子、成瀬朋一、上田 迅
【原作】坂井恵理「シジュウカラ」(双葉社 JOUR COMICS)
【公式情報】公式><Twitter><Wikipedia

あらすじ

ドラマ『シジュウカラ』のあらすじがこちらです。

「今更あの子に兄弟できたら、困っちゃうじゃん(笑)」「まだできるの?」「……」
結婚15年目。夫・洋平(52)からの夜の営みの誘いを冗談めかして断ると、洋平はため息と共に背を向けて寝始めた。倦怠感、というよりも嫌悪感を覚えてからどれくらいになるだろう…。だがこの“幸福な人生”こそが何者かになりたかった私の最終地点…そのはずだった。
アシスタント歴20年を超えて夢を諦めた売れない漫画家・綿貫忍(39)は、たくさんの思いを東京に残し地元に戻って筆を置いた。だが皮肉にもその直後、昔描いた人気薄だった自作が電子書籍でリバイバルヒットする。そして「これが最後」だと、再度本気で漫画と向き合うことに。そんな中出会ったアシスタントは、橘千秋(22)という美しい青年だった…。自分を一人の女性として、何より漫画家として敬意を持って接してくれる千秋に、忘れていたときめきを感じ始める忍。ところが“不自然にも”、千秋も忍へ妙なアプローチをかけてくる。
そしてそんな千秋と交流する内に、忍の中に積み重なっていたある種の歪みが顕在化してくるのだった…。

公式サイト

夢を諦めた売れない漫画家・綿貫忍(山口紗弥加)は39歳。夫(52歳)の夜の誘いにも嫌悪感を覚えている。昔描いた漫画がリバイバルヒットし、本気で漫画と向き合うことに。アシスタントは22歳の橘千秋(板垣李光人)という美しい青年。忍は徐々にときめきを感じるように。

「純愛」となってますが、サスペンスチックな雰囲気。その秘密は少しづつ明らかになります。

セリフの中に「えっ!?」とおどろくような真実がわかるのがポイントです。

予告動画

ドラマ『シジュウカラ』の原作

ドラマ『シジュウカラ』の原作は坂井恵理さんの漫画『シジュウカラ』(双葉社 JOUR COMICS)です。

2018年6月に連載をスタート。これまで7巻が発売されています。(2022年3月現在)

坂井恵理さんの代表作は『ヒヤマケンタロウの妊娠』『鏡の前で会いましょう』『ひだまり保育園 おとな組』などがあります。

ドラマ『シジュウカラ』の登場人物とキャスト

以下、ドラマ『シジュウカラ』の登場人物とキャストのまとめです。
※俳優さんの名前クリックでウィキペディアへ。

綿貫忍(山口紗弥加

40歳の売れない漫画家。中学生の息子がいる。ひと回り年上の旦那は夜の営みも拒否ってる。過去に描いた漫画が爆売れ。アシスタントで雇った千秋に惹かれていく。言いたいことが言えない性格。だけど明るくつよく生きてる。

橘千秋(板垣李光人

22歳の美しい青年。忍(山口紗弥加)のアシスタント。忍にアプローチを仕掛けてきてどこかあやしげ。
深い過去をかかえているが、忍を尊敬する気持ちは純粋そのもの。

綿貫洋平(宮崎吐夢

忍(山口紗弥加)の夫、52歳。仕事はしっかりやってるが忍に対してモラハラがすごい。聞いてて耳が痛くなるようなセリフを言う。無自覚で人を傷つける。

岡野克巳(池内博之

第7話から登場。忍の元カレで、2番目の不倫相手に。

橘冬子(酒井若菜

第2話から登場。千秋(板垣李光人)の母親。スナックで働いている。
家に男連れ込む。千秋にもベタベタ甘えるが、息子の秘密を知っても助けない。

そのほか出演者

杜殿津マリ入山法子)忍がアシスタントしてた人気漫画家
御子柴涼子和田光沙)冬子(酒井若菜)と同じスナックで働く
綿貫悠太田代輝)忍の息子。私立の中学生
荒木由香後藤ユウミ)忍の担当編集者
山口星宙榊原有那)千秋の幼馴染。千秋の過去を知る人物
紺野みひろ山口まゆ)第7話から登場。千秋の同居人

ドラマ『シジュウカラ』のあらすじ(各話)

ドラマ『シジュウカラ』の各話あらすじです。クリックすると文章が読めます。

ドラマ『シジュウカラ』の感想

サスペンスというよりホラー!!

こわい…こわいです!サスペンスじゃなくてホラーなのでは?音楽と映像が、このあと幽霊でも出てくるんじゃないかって雰囲気。ホラー苦手な私はドキドキ、、

でも安心です。幽霊は出てきませんし、現場に血も流れません。1,2話目がちょっとこわいだけでした。

純愛のラブストーリーではなかったの??

冒頭からホラーだし、「純愛」をまったく感じないし、しばし混乱しましたね。千秋は忍のこと思わせぶりな態度とるんだけど、ぜったい好きじゃないもん。むしろうらんでる。冷めた目とかこわいんですよ。

モラハラ旦那なんてとっとと捨てちゃいな!

忍の旦那は毎日のように暴言を吐くモラハラ人間。「モラハラ旦那なんてとっとと捨てちゃいな!」こっちがメンタルやられそうになるくらいひどいこと言います。モラハラは暴力。それにしても、忍の夫役、宮崎吐夢さんの演技、すごすぎです…!

だらしない母親なんてとっとと捨てちゃいな!

千秋の母親は子どもをほったらかして家に男を連れ込むような親。都合のいい時だけ千秋に甘える。酔っ払って電話して迎えに来させたり。ボロい家に住んでる。「千秋、早く家出ていけばいいのに」となんども思いました。

主人公、忍の40歳からの生き方

こんな問題ばかりの忍と千秋ですが、最後には美しい物語になってるとこがなんとも素敵です。山口紗弥加さんと板垣李光人さんの18歳の年の差を感じさせない演技も素敵でした。

最終回には感動して、こんなツイートしてました↓

ドラマ『シジュウカラ』18歳差の恋は美しい物語だった

とても美しい物語でした。見どころは、

  • ラブストーリーなのにサスペンスチックな雰囲気
  • 40歳女性の主人公の生き方に共感
  • 18歳差の恋の行方はどうなる!?

最終回が今までの集大成になっていて、すごくいいんですよ。よかったら視聴してみてくださいね。

見逃しはParaviで配信中です!

おもしろかったドラマぜひ共有しましょう!

では、また次の作品で!

ドラマ『シジュウカラ』と同時期(2022年1月)に放送されたドラマはこちら↓

 

2022winter
【2022年冬ドラマ】1月スタート!新ドラマ 36作品 の一覧まとめ

2022年の冬ドラマの一覧表です。1月期スタートの新ドラマ36作品を曜日別にまとめました。 作品の紹介出演者原作公式情報 こんな人のお役に立てる記事です。 もくじ1 【2022年冬ドラマ】1月スタート ...

続きを見る

 

このドラマをもっと楽しもう!

\原作本はこちら/

Sponsored Links

  • この記事を書いた人

みらい

ドラマや映画を目と耳と心で見る人。子供のころからドラマと映画が大好き。心が動かされる作品と出会うべく日々鑑賞しています。VODの契約は7本。地上波では毎クール20本以上のドラマを視聴。放送中のドラマ記事は翌日更新です。 Twitterではドラマのネタバレ感想を発信中。 気軽に遊びにきてね!

-国内ドラマ