国内ドラマ

ドラマ【悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜】感想・あらすじ・キャスト|ぶっ飛び主人公に元気もらえるお仕事ドラマ!【随時更新中】

今回はドラマ『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』の紹介です。

暑苦しく働くのは青臭い?でも、
一生懸命働くってカッコいいじゃん!
ニッポンのお仕事を明るくする
ラブ・ジョブ・エンタテイメント開幕!

公式サイト

前半は基本情報とあらすじ、後半は実際に見た感想を書いています。

見逃しはHuluで配信中です。

明るく元気いっぱいな主人公が印象的なお仕事ドラマです。

今までにないポジティブ思考が人々の心を元気にしてくれます。

仕事はもちろん恋もあり。出演者にイケメンが多いのもうれしいポイントです。

もくじ

ドラマ『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』の基本情報

ドラマ『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』は2022年04月13日から、日本テレビ系で放送されたドラマです。

ドラマ『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』
【放送日】2022年04月13日(水)22:00〜
【脚本】後藤法子、松島瑠璃子
【原作】深見じゅん「悪女(わる)」(講談社「BE・LOVE」)
【演出】南雲聖一、内田秀実、山田信義
【公式情報】公式TwitterInstagramWikipedia

あらすじ

田中麻理鈴(今田美桜)は、超ポジティブだけど少々ポンコツな新社会人。大きな夢を抱いて大手IT企業「オウミ」に就職した彼女は、会社の地下にある「備品管理課」に配属される。

そこは、会社のお荷物社員が集められた“姥捨て山”。麻理鈴は、クールな先輩社員・峰岸(江口のりこ)から「あなたは何も期待されていない」とバッサリ。備品を届けた花形部署の小野忠(鈴木伸之)や他の社員たちからも邪険にされる。しかし、そんな悪意にもまったくメゲないのが、田中麻理鈴!それもそのはず、彼女が一生懸命働きたい理由には、“運命の出会い”が絡んでいたのだ!

麻理鈴は峰岸に「もっと仕事がほしい!」と付きまとう。根負けした峰岸は「ビルの清掃スタッフの顔と名前を覚えなさい」と謎の指示を出し、麻理鈴は言われた通りに、山瀬(高橋文哉)をはじめとする清掃スタッフとコミュニケーションを取るようになる。

一方、営業部で働く若手社員・美加(志田未来)も麻理鈴を疎ましく思う一人。「コロナ年入社組」と呼ばれ会社に馴染めずにいた美加は、入社早々皆に名前を覚えられている麻理鈴のことが気に入らない。

そんな中、美加のピンチにまったく関係ない麻理鈴がしゃしゃり出て――!?

オトナたちの常識をぶっ壊し、こずるく楽しく出世していく…規格外の新入社員・田中麻理鈴の会社員生活が今スタートする!

公式サイト

予告動画

ドラマ『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』の原作本

ドラマ『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』の原作は深見じゅんさんの漫画『悪女(わる)』です。

1988年から1997年まで『BE・LOVE』(講談社)に連載されました。

原作者の深見じゅんさんは1971年に漫画家デビュー。代表作は『ぽっかぽか』『悪女』『くるみ』などがあります。

ドラマ『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』の登場人物とキャスト

以下、ドラマ『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』の登場人物とキャストのまとめです。
※俳優さんの名前クリックでウィキペディアへ。

田中麻理鈴たなか まりりん今田美桜

三流大学を四流の成績で卒業。ポンコツだが型破りな新入社員。

大食い&酒豪で他人の悪意に異常に鈍感。名前も知らない先輩社員に一目ぼれし、その思い出がむしゃらに突っ走る。

名前の由来は死んだじいちゃんがマリリン・モンローのファンで遺言に残したから。

峰岸雪みねぎし ゆき江口のりこ

麻理鈴と同じ窓際部署の先輩社員。クールで正体不明だが麻理鈴の出世の手助けをする。

小野忠おの ただし鈴木伸之

将来を期待されるエリート社員。入社9年目。仕事できない人を毛嫌いし、麻理鈴のことを大いにバカにする。

山瀬 修やませ しゅう高橋文哉

社内事情に詳しいアルバイトの清掃スタッフ。21歳。名前を覚えてくれた麻理鈴に好感を持ち、麻理鈴がピンチの時に助けてくれるようになる。特技は人間観察。麻理鈴曰く“お掃除探偵”。

T・Oさん(向井理

麻理鈴が一目惚れした“運命の人”。同じオウミの社員だと言うが、部署も名前もわからず、イニシャルだけが頼みの綱。

大井美加おおい みか志田未来

2020年入社。別名「コロナ年入社組」。新入社員と変わらない経験値の自分にコンプレックスを感じている。

白田哲士(荒牧慶彦

営業部・営業一課のホープで小野忠の同期。社内の情報には詳しいが、コロナ禍以降、会えていない社員の名前を覚えるのが苦手。

梨田友子(石橋静河

マーケティング部。働く理由は「生活費を稼ぐため」と割り切り、仕事にやりがいを求めない女性社員。

そのほか出演者

夏目聡子(石田ひかり)人事部課長でキャリアウーマン。

森岡巧(和田雅成)人事部で社内政治に精通している。

三瓶花子(渡辺江里子)カスタマーセンター部

川端光(近藤春菜)ECサイトのエンジニア部。

ドラマ『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』のあらすじ(各話)

ドラマ『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』の各話あらすじです。クリックすると文章が読めます。

【放送翌日に追記中です】

ドラマ『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』の感想

ドラマ『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』を実際に見た各話の感想です。

みらい

このあとはネタバレがあるよ!知りたくない方はスルーしてね!

クリックすると文章が出てきます↓

ドラマ『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』ぶっ飛び主人公に元気をもらえるお仕事ドラマ!

今回はドラマ『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』の紹介でした。

見逃しはHuluで配信中です。

おもしろかったドラマぜひ共有しましょう!

では、また次週!

Sponsored Links

  • この記事を書いた人

みらい

ドラマや映画を目と耳と心で見る人。子供のころからドラマと映画が大好き。心が動かされる作品と出会うべく日々鑑賞しています。VODの契約は7本。地上波では毎クール20本以上のドラマを視聴。放送中のドラマ記事は翌日更新です。 Twitterではドラマのネタバレ感想を発信中。 気軽に遊びにきてね!

-国内ドラマ